自宅でできるニキビケア




大人になったのに、ニキビの治らない女性が増えています。

ニキビは、思春期にできるもの。とは言えない状況になってきています。

10代にできるニキビは治りやすいですが、大人のニキビは治りにくいため、非常に深刻な問題です。

10代に思春期にできるニキビは、その年代から「思春期ニキビ」と呼ばれています。

思春期ニキビの原因は、成長期に入り、ホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂の分泌が過剰になってしまうからです。

なので、通常は成長期が終わると、自然にニキビは治ります。

ですが、大人ニキビは、そう簡単な話ではありません。

大人ニキビの原因は、ライフスタイルの乱れとストレスにあります。

そして、このような状態になってしまう原因は、仕事や周囲の環境だったりして、簡単には改善できません。

でも、何とかして改善しないと、大人ニキビも治りません。

だから、大人ニキビは、なかなか治らないのです。

仕事をしていると、スキンケアをする時間もないし、ましてや、ライフスタイルを変えるなんて、とてもじゃないけど無理ですよね。

ですが、諦めないでください。

正しいケアを自宅でおこなえば、治る見込みはあるからです。




完治させることは、難しいですが、悪化することは避けられます。

さらに、ライフスタイルを無理のない範囲で改善していくことをお勧めします。

ニキビの改善を目的として、スキンケアを続けている方で、効果の出ていない方は、スキンケアの方法を見直してみましょう。

今まで何年も同じスキンケア商品を使用していて、以前は効果があったが、今は効果を感じられない、という方は、スキンケア商品を見直してみましょう。

ニキビに効果のある化粧品を使用しているのに、ニキビが治らないという方は、化粧品を見直してみましょう。

などなど、思い切って、別の物を使用したり、別の方法を試すと効果が発揮されるかもしれませんね。

 

あなたは、ニキビケアをしているけど、ニキビの基本を勉強したことありますか?

世の中のすべてに共通することですが、基本をしっかり学んでください。

ニキビは、肌表面の病気というより、毛穴の病気です。

毛穴が狭くなり、分泌される皮脂が、排出できなくなると、毛穴に皮脂が詰まります。

そこに、アクネ菌などの、ニキビの原因菌が繁殖し、炎症を起こします。

炎症しているニキビを、赤ニキビと呼びます。

一般的なニキビは、この赤ニキビを指します。

炎症が起きていない場合は、白ニキビと呼びます。

膨れ上がってるけど、赤くない状態ですね。

ですが、どちらも同じニキビなので、治したいですね。

 

本当なら、毛穴の外に排出される皮脂が、毛穴に溜まっているのです。

これを放置すると、常に必要のない皮脂が、肌に残った状態になります。

なので、白ニキビの段階で、治したいですね。

赤ニキビになると、腫れと痛みが出ます。さらに、完治しても跡が残ってしまうので、早め早めの治療を心がけましょう。

 

角栓を取ると毛穴にダメージ



角栓を取るための毛穴シートってありますよね?

肌に貼って、剥がすだけで、たくさんの角栓が取れるやつです。

これって、たくさん取れれば取れるほど、嬉しくなるんですよね。

気づくと、やめられない状態になってたり・・・。

ですが、毛穴のことを考えると、角栓取はNGです。

毛穴シートを使わずに、指で押し出す取り方も、同様にNGです。

健康な肌からは、ちょうどいい量の皮脂が分泌されています。

その皮脂が汗と合わさり、皮脂膜を作り上げます。

これが、クリームの役割をし、肌を守ってくれるのです。

皮脂が分泌されずに、毛穴内に詰まってしまうと、角栓の原因になります。

皮脂を分泌させたいけど、角栓が詰まってて、分泌できない。まさに、毛穴が便秘状態になってしまうのです。

この角栓を取り除かないと、ニキビや吹き出物の原因になります。

ですが、毛穴が詰まったからと、指で押し出すことはしないでください。

絶対にやってはいけません。

角栓は他の方法で取ることができます。

 

角栓は、洗顔やクレンジングで、ある程度は落とせますが、落とせないものもあります。

ですが、強引に、力ずくで取ることはいけません。

毛穴自身が押し出す機能を持っているので、その機能を高めるために、肌の新陳代謝を高くしましょう。

毛穴が詰まっている状態は、代謝が落ちている状態に他なりません。

余った皮脂を、分泌することができないのです。

このままにしておくと、いろいろな肌トラブルの原因になります。

ですが、焦って、力ずくで取り出しては、肌が傷つき、別のトラブルへと進行してしまいます。

他の悩みもそうですが、毛穴の悩みを解消するのは、簡単ではありません。

じっくり、時間をかけてケアしていきましょう。




 

毛穴対策には、肌の状態を良好に保つことが重要です。

そのために必要なのが洗顔です。

毎日洗顔を欠かさず、肌や毛穴の汚れを奇麗に流してください。

洗顔後は、毛穴の開閉機能を助けてくれる成分が含まれる、スキンケア化粧品を使用してください。

必ず、時間をかけて、スキンケア化粧品を肌になじませてください。

 

さらに、ライフスタイルを見直すことも重要です。

夜更かしは厳禁です。早寝早起きをするようにしてください。

食事は一日三回、バランスを考えた食事を食べましょう。

栄養が補給され、休養もとれれば、自然と肌の代謝は改善します。

さらに、ターンオーバーも活性化され、毛穴自身が汚れを押し出すことができるようになります。

 

紫外線を防ぐことは毛穴ケアの近道



あまり知られていないのですが、紫外線予防は、毛穴ケアに必要なことなのです。

紫外線予防は、美白の特集で必ずと言っていいほど出てきますね。

毛穴ケアは、汚れを洗い流すことが重要だという風潮があります。

ですが、毛穴が開いている状態になっているということは、毛穴の開閉機能に問題が発生しているためです。

紫外線を、何も予防していない肌に浴びてしまっては、毛穴の開閉機能を、正常な状態に戻すことはできまん。

常日頃から、紫外線予防は欠かさないようにしたいですね。

 

紫外線が毛穴に及ぼす影響は、刺激による開閉機能の低下だけではないのです。

毛穴にある角栓が黒ずむ原因も、紫外線にあるんです。

角栓ケアをしてない方の毛穴には、大きな角栓があります。その角栓の頭部分が黒ずむのです。

早い話が、変色ですね。

毛穴に詰まった角栓が、紫外線により変色するのです。

無数になる毛穴に、無数の黒い点ができてしまう方がいます。

毛穴一つ一つは小さいですが、黒ずんでいると、すごく目立っちゃいますよね。




 

毛穴が黒ずんでしまう原因第一位は、紫外線です。

適当に毛穴ケアをするくらいなら、紫外線予防をしたほうが、効果は大きいです。

紫外線予防は、毛穴ケアにとって、絶対に欠かせないことなのです。

 

肌に有害な紫外線には、A波、B波の2種類あります。

夏場、日焼けした部分が赤く炎症を起こしてしまうのはB波が原因です。

A波は、浴びてもすぐに症状はでません。長く浴び続けることで、真皮にまでダメージを与えます。

コラーゲンやエラスチンなど、美容に必要な成分にダメージを与え、たるみ、しわ、くすみ、しみの原因になります。

肌は、紫外線を浴び続けると、肌を守るために、どんどん角質を増やします。

こうなると、毛穴のつまりも必然的に起こってしまいます。

毛穴に溜まってしまった汚れに、紫外線があたってしまうと、酸化してしまい、黒ずみとなってしまいます。

 

毛穴に溜まった汚れは、ニキビの原因にもなります。

汚れの一つである皮脂に、アクネ菌が大量に繁殖します。

さらに、紫外線を受けると、活性酸素の生成が活発になります。

これにより、毛穴だけでなく、皮膚の細胞も酸化してしまい、炎症を引き起こします。

重要になってくるのは、紫外線から肌を守り、毛穴にダメージを与えないことです。

このようにして、毛穴の開閉機能を取り戻すように、心がけましょう。

 

毛穴の開閉機能を取り戻すのに、開閉トレーニングというものがあります。

エアコンを使うのが当然になってしまった現代では、毛穴の開閉機能は、必要性がなくなり、退化します。

そこで、行ってほしいことは、汗をかく、冷たい空気に触れる、このように、肌に刺激をあたえましょう。

これが、開閉トレーニングです。

ホットヨガや岩盤浴も、いい刺激になります。

日常生活では、使わなくなってしまった毛穴を、あえて使うようにしましょう。

これで、毛穴の開閉機能を取り戻すことができます。

水分と栄養の補給も忘れずに行ってください。