ニキビができやすい肌のためのクレンジングって何?

ニキビができている肌はとってもデリケートなんです。

ちょっとした汚れや刺激でも、新しいニキビを作ってしまうんですよ。知ってました?

そこで、クレンジング選びが重要になるんです。

いいかげんにクレンジングを選ぶと、ニキビを悪化させてしまうことがあるんです。

ニキビのできやすい肌のためのクレンジングを選ぶ重要なポイントを教えますね。

  1. ノンオイルのもの。リキッドもしくはジェルタイプがおすすめ。
  2. クレンジングをした後に肌が乾燥しないもの。
  3. 擦らずにメイクを落とせるもので、毛穴が詰まるのを防げるもの

ノンオイルのもの。リキッドもしくはジェルタイプがおすすめ。

オイルが入っているクレンジングを使用すると、メイクを落とすのは簡単ですが、その分、肌への負担がとても大きいのです。

肌への負担を考える場合、ノンオイルのクレンジングが望ましいです。

ジェルタイプは、肌になじむことがないので、オイルクレンジングを使用しなくても、メイク落としにはかなり高い効果を得られますよ。

クレンジングをした後に肌が乾燥しないもの。

あなたも経験上ご存知だと思いますが、クレンジングは肌に対してかなりの刺激になります。

現在主流のメイクは、最新の技術を使っているので、メイクが崩れにくくなっています。

ですが、裏を返せば、メイクを落とすのがとても大変だということです。

なので、現在のクレンジングには、とても強い成分が含まれています。

そのクレンジングは、簡単にメイクを洗い流しますが、肌の水分までも洗い流してしまいます。

だから、肌がとても乾燥してしまうんです。

肌が乾燥すると、刺激から無防備な状態になります。

そのためニキビもできやすくなってしまうんですね。

肌の無防備な状態を作らないためにも、クレンジング後に潤いを与えてくれるものを使用するべきです。

擦らずにメイクを落とせるもので、毛穴が詰まるのを防げるもの

刺激が弱めのクレンジングを選んでしまうと、メイクを落とす力が弱くなってしまいます。

そのために、ゴシゴシ手で擦ってしまいます。

でもでもでも。こんなことをしたら最悪です。

そのゴシゴシ擦ったことが原因で新しいニキビができてしまいます。

ですので、肌への刺激が少ない素材を使い、かつ、擦らなくてもメイクが落ちやすいクレンジングを選びましょう。

 

これら3つの特徴にさらに1つプラスするなら、ノンコメドジェニックテストを行っているものを選んでください。

ノンコメドジェニックテストとは、ニキビの原因となる物質「コメド」を生成しづらいことを証明するためのテストです。

 

今では、無添加の化粧品が特に人気です。

市販されている化粧品には、ほとんどの商品に合成成分が多く含まれています。

これが肌の老化や荒れの原因だという人もいます。

無添加のクレンジングを使用すれば、肌への刺激を抑えることができ、アンチエイジングにも役立ちます。まさに一石二鳥ですね!

肌に合ったクレンジングを選ぶのは当然ですが、なるべく肌につける時間を短縮し、負担を最大限少なくすることが重要です。

クレンジングはメイクをとる働きがある以上、サッと使い、サッと洗い流すのが常識です。

 

外の汚れから肌を守ってニキビを予防しましょう

ニキビができにくいライフスタイルを手に入れたいものですよね。

今の私たちは知らないうちに、外気から肌へのダメージを受けています。

大気中には、目に見えない塵やホコリがたくさん舞ってます。

これが、ニキビの大きな原因になるんです。

外に出ないことは、事実上不可能ですよね?

なら、外気から素肌を守るケアをすればいいんです。

たとえば、ファンデーションや日焼け止めは、肌を守るのに大変有効です。ポイントはムラができないように均等に塗ることです。これがとても大事です。

外出するときは日焼け止めクリームをしっかり縫って、肌を守りましょう。そして帰宅後は速やかに、洗顔してください。

洗顔の前にクレンジングオイルを使うのもおすすめです。

メイクや汚れも一緒に取り除けるので便利ですね。

また、肌の酸化を防いだり、フリーラジカルを抑えることもできます。

 

メイクを落とすとき、とても重要なことがあります。

それは、メイクを落とす場所です。

お風呂に入ったときに、落とすという人はかなり多いです。

たしかにお風呂場で落としてしまえば楽なんですよね。

髪の毛や体を洗うついでにできて、すぐにシャワーで洗い流せますからね。

ですが、ニキビ予防を考えるなら、お風呂場は絶対にダメですよ。

洗面所で洗ってください。これ重要です!!

お風呂場は、あまり知られていませんが、雑菌がとても多いのです。

特に湯船の中は、とても多くの雑菌が繁殖しています。なので、お風呂場でメイクを落とすと、別の菌が肌に付いてしまい、そればニキビのもとになってしまいます。

以上のことから、洗面所でメイクを落としてから、お風呂に入るようにしましょう。

そのとき、湯船のお湯が、ニキビのできている部分に触れないようにしてください。

普段の生活習慣からニキビを治そう

ニキビって嫌ですよね。私も大嫌いです

特に顔にできたニキビは最低最悪ですよね。

 

鏡を見ると、ついつい目が行ってしまい、そればかり気になります。

ジンジンヒリヒリするし、見るたびに「早く治って~~~!」と思っちゃうんですよね。

 

治っても、ニキビ跡としていつまででも残り続けることもあって、最悪です。

そして、またすぐにニキビができてしまい、がっくりorz

そんな繰り返しで...

こういう人も結構いるんですよね。

 

ニキビの対策でとても有効なのは「できないようにする」ことです。

当然のことにですが、これがかなり難しかったりします。

ですが、ニキビができる原因を知り、それに合った対策をすれば

自然とニキビはできにくくなりますよ。

みなさんも、ニキビになりにくい毎日は身につけてね!

マフラーやマスクなどは柔らかく清潔なものをつかいましょう

これからの季節、とっても寒くなりますね。

寒さ対策のために、マフラーを使用することが多くなると思います。

また、インフルエンザ対策の一環として、マスクの着用も増えるでしょう。

マスクは、ほとんどの人が使い捨てのものを使用していると思います。

ですが、使い捨てのマスクだとしても、一日中着用しているなら、注意してください。

事実、使い捨てマスクでも、朝から晩まで着用していると、息や汗でムレムレの嫌な感じになりますよね。

これは、気のせいではないんですよ!

 

マスクを一日中着用していると、口まわりの肌に擦れてしまい、刺激になってしまうんです。

また、マスク内では湿気がこもり、雑菌が大増殖してしまうんです。

そのため、マスクを着用するときは、顔のサイズよりも、少し大きめのマスクを選んでください。

これで肌への摩擦を減らすことができます。

また、マスクを一日着用し続けるのではなく、必要な時だけ着用するようにしたほうがいいですよ!

 

ストールやマフラー。

何気なく着用している人がいるのですが、これもニキビの原因になるんですよ。

ストールやマフラー、洗ってます?

めったに洗わないですよね。

でもでも、口元やあごに触れているんですよ。

それが刺激になって、ニキビができ、そこへストールやマフラーからばい菌が入り、悪化してしまうんです。怖いですね。

枕のカバーと布団のカバーは清潔にしましょう

自分自身が身に着けるものを清潔にするのはとても重要ですが、それだけではダメなんです。

寝ている間も、清潔な状態を維持したいんです。

布団は一日の三分の一を過ごす場所と言われています。

その布団が清潔でなかったら、ニキビを抑えることなんて不可能です。

なので、布団カバーや枕カバーを清潔にするんですね~。

特に重要なのが枕カバーです。

枕カバーには、頭皮から分泌された皮脂がたくさん付着しています。

皮脂は菌が繁殖しやすいので、とても危険です。清潔にしましょう。

布団カバーは顔の汚れが付着する程度です。でも、油断はしないでね。

枕カバー、布団カバーには当然ですが、ニキビの原因菌のアクネ菌も付着している可能性が十分にあります。

なので極論を言ってしまうと、毎日洗濯しろ!!ということになります。

顔だって毎日洗いますよね。

せっかく洗顔して、清潔にしても、汚れた布団や枕を使っては意味がありません。

 

毎日洗濯するのが面倒なら、タオルやコットンなどを敷いて、毎日交換しましょう。このほうが楽ですよね。