ニキビ用基礎化粧品



気になるニキビを治したいなら、自宅できちんとケアを行いましょう。

今まで、ニキビを治すために、いろいろなスキンケアをしたけど、効果が出ない。という方は、その方法が自分に適した方法なのか、是非見直してください。

別の方法を試したら、今までが嘘のように、すごく効果がでた。という話はたくさんあります。

肌は年齢を重ねるごとに、性質を変化させます。またライフスタイルによって変わることもあります。

スキンケアは定期的に見直し、そのときの自分に合った方法を、探すことが重要なのです。

スキンケア化粧品を選ぶ際、必ずニキビケアができるものを選択してください。

洗顔

洗顔には、クレンジングで行う場合と、石鹸を使う場合があります。

石鹸を使う場合は、基本的なことを知っていれば問題ありませんが、クレンジングを使う場合は、少し注意が必要になります。

まず、クレンジング剤を選ぶときは、自分の肌に合ったものを選ぶ。これが一番重要になります。

クレンジング剤のタイプはさまざまで、ミルク、オイル、クリーム、ジェルなどがあります。

顔を濡らさずに使うタイプもありますね。一般的にふき取りタイプといわれるものです。

ですが、ニキビを治したいなら、洗い流すタイプを選んでください。特にジェルタイプがお勧めです。




最近では、油分の残らないオイルタイプのクレンジング剤も、発売されています。

しかし、ニキビは肌についた汚れやメイクを、刺激を与えないようにしながら、しっかり落とさなければいけません。

このことを考えに入れると、油分が肌に残ってしまうタイプのクレンジング剤は避けるべきです。

保湿剤

保湿剤を選ぶことにも、手は抜かないでください。

保湿は、肌に水分を閉じ込め、肌に潤いを与えることをいいます。

簡単に説明すると、水分で角質に潤いを与えます。

潤いを与えたら、水分が逃げないように、蓋をしなければいけません。

保水と蓋、化粧品でいうと、化粧水と乳液、化粧水とクリームなどの組み合わせになります。

化粧水は、肌にかぶれ、かゆみ、湿疹などを引き起こすものがあります。これらの症状が出ない、化粧水を選びましょう。

蓋をする役目がある、クリームと乳液を選ぶときは、次のことに気をつけてください。

ニキビを治すなら、なるべく油分を含まにもの。

最近は、オイルの入っていない乳液も発売されています。

ジェルタイプは、油分が含まれないので、好きなものが使えます。

「ノンコメドジェニック」と書かれた製品は、油の多い方向けの商品になります。油が気になる方には、お勧めです。

 

洗顔と保湿、この二点に気を配れば、肌の調子は改善されるはずです。

パッティングを勘違いしてませんか?

美容液や化粧水を使用後、しっかりなじませる作業は、スキンケアでは、とても重要なことです。

アンチエイジングや美白、毛穴の黒ずみや開きなど、気になってしまう部分を改善するには、気になる部分に合った栄養を与えることが大切になります。

美容液や化粧水は、顔に塗るだけではなく、パッティングをすることで、効果が上がると報告されています。

肌の奥深くまで栄養を届けるには、パッティングが必要不可欠なのです。

ですが、パッティングのやり方を、知らない方が多くいます。

あなたは、美容液や化粧水をつけて、両手で顔をパンパンと、力いっぱいたたいていませんか?

私の知人にも、このやり方を行っている方が多くいます。この現場に遭遇した時は、かなり愕然としました。

力いっぱい叩くのは、肌には悪影響だと覚えておきましょう。

 

肌には、適度な刺激は必要です。

適度な刺激は、美肌を作るのに、とても効果出来です。

美容液や化粧水をつけるだけではなく、なじませなくてはいけません。

ただ、そのなじませかたに問題があるのです。

力加減は、実際どのくらいの力で行えばいいのか、悩みますよね。

適度な力加減知るには、誰にやってもらうのが一番です。

家族や知人に頼んで、パッティングをしてもらいましょう。

逆にあなたが、家族や知人にやってあげるのもいいですよ。

ここで問題なのが、家族や知人も、適度な力加減を知らないことがあるということです。

そこでお勧めしたいのが、デパートなどの化粧品コーナーで、メイク担当の方に、実際にやってもらうことです。すごく丁寧にやってくれますよ。

あまりに気持ちよくて、眠気が襲ってくるほどです。さすがプロだと実感できるでしょう。

人の顔に対して何かをするときは、ものすごく気を使います。

自分にやる時と違って、遠慮がちになってしまうことがよくあります。

ですが、その遠慮がちな状態の力加減がベストな力加減なのです。

まずは一度、誰かにやってもらいましょう。そして、その力加減を忘れないでください。

自分でスキンケアを行う際は、その力加減を思い出しながら行ってください。

すると、自然と肌に優しい、パッティングになります。

正しいパッティングを知ることで、肌に負担をかけずに、美容成分を肌の奥深くまで届けることができます。

美容液や化粧水の正しいつけ方は、刺激を与えながら、肌に美容成分を浸透させるのが正解です。

額からあごにかけて、美容液や化粧水を伸ばして終わってしまっては、効果がないのです。

力いっぱい、すり込んでもいけません。

スキンケアを行う際は、使用する商品の特徴を理解してから行うようにしましょう。

スキンケアの基本は、美容成分を肌の奥深くまで送り込むことです。

顔全体になでる感じです。伸ばすのとは違います。

赤ちゃんの顔をなでる時を思い出してください。力いっぱいなでないですよね?

デリケートなものを、扱うときのように、やさしく、慎重に、時間をたっぷり使ってスキンケアも行いましょう。

最後に、スキンケアをする際は、鏡を見ながら行ってください。

顔の形が変わっているようでは、力を入れすぎです。

力を抜いて、スキンケアを行いましょう。

よく洗うということを勘違いしてませんか?

雑誌でよく特集されている、スキンケアのやり方。

このような特集では

「美容液は、しっかり時間をかけてなじませて」

「洗顔時は、力を入れずに、優しく、しっかりと」

と書かれていることが多いですよね。

 

このような雑誌を読む方は、こういった言葉に慣れてしまい、実践できていると勘違いしていることが多いです。

雑誌を読んだときに、「なるほどね~」と感じても、毎回のスキンケアで実践しなければ、意味がないですよね。

今日は、この場でもう一度復習して、スキンケアの改善に努めてください。

 

洗顔をするときの洗い方は?

スキンケアの初めは、洗顔からです。

そして、洗顔後に化粧水・乳液・美容液などを使っていきます。

ですが、これらを使うのって時間がかかるんですよね。

肌になじませるのにも時間がかかるし、パッティングもやらないといけませんよね。

そんなことを考えていると、洗顔は手を抜いてむいいかなと、思ってしまいがちです。

一般の方は、毎日が忙しいのが当たり前。なので、洗顔ぐらい早く済ませたいと思うのは当然です。

ですが、急ぎすぎて、力を入れてゴシゴシ洗っているなら、絶対にダメです。

洗顔フォームを少ししか使わず、泡立ちも中途半端な状態で、力いっぱい洗っていませんか?

このような洗顔では、汚れを落としきることはできません。

泡立ちが足りない状態で洗おうとすると、つい力が入ってしまい、ゴシゴシ洗いになってしまいます。

優しく洗顔するなら、おにぎり1つ分の大きさの泡を作りましょう。洗顔フォームをケチってはいけません。

泡で出るタイプの洗顔フォームは、おにぎり1つ分出して、すぐに洗顔できます。クリームタイプは、しっかり泡立ててください。足りない場合は、継ぎ足して調整してください。

泡立てる際、すり合わせるようにしてはいけません。空気が洗顔フォームに空気が入らないからです。

空気が入らないと、泡ではなく「練石鹸」のような状態になります。

洗顔する場合は、空気のたくさん入った、ふわふわな泡が必要です。

なるべく空気がたくさん入るように、泡立てましょう。

泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使用してください。簡単にふわふわな泡が出来上がります。

初めは、誰でもうまくは作れません。何度も繰り返しているうちに、うまくなっていきます。あなたも、毎日泡立てる努力をしましょう。

泡立てができたら、一度に顔全体を洗うのではなく、パーツごとに洗っていきます。以下の順番で洗うとスムーズに洗顔できます。
  1. 両頬
  2. 小鼻
  3. あご
  4. 耳の後ろ
洗顔フォームを洗い流す際、水の温度に気をつけましょう。

洗顔はぬるま湯で行うのが常識です。

だいたい、32度くらいでしょうか。冷たくないくらいの、温度の水で洗い流してください。