冷え性を改善するには

冷え性というのは、手足が冷えて冷たくなっている状態のことです。

冬の季節は、外の気温もどんどん冷たくなってきます。

そこで、大切になってくるのが、冷え性対策ですね。

冷え性になると、手足が冷たくなって嫌ですよね。ですが、症状はそれだけではありません。

むくみに月経不順、不妊にもつながります。

冷え性を改善するには、あなたのライフスタイルを改善することが必要です。

病院で冷え性の相談をすると、よく漢方薬を処方されます。この漢方薬の成分に、冷え性を改善する成分が含まれているのです。

あなたも、冷え性を改善したいなら、生活習慣の改善をしつつ、病院を受診し、冷え性に効果のある漢方薬を、処方してもらいましょう。

では、冷え性を改善する具体的な方法を、説明いたします。

体を温める成分が含まれる食材を食べる

全てというわけではありませんが、冬に収穫できる食材や、寒い場所で収穫できる食材には、体を温める作用があります。

発酵食品にも、体を温めてくれる成分が含まれています。

また、栄養素の中では、ビタミンB1が、体を温めるのに効果的です。体の中に蓄えた糖質を燃焼させ、エネルギーに変換してくれるからです。

ビタミンB1は、ゴマ・イワシ・豚肉・ほうれん草・卵・レバー・焼きのりに多く含まれています。

また、ビタミンEも効果があります。

ビタミンEは、血液をサラサラにしてくれるからです。

冷え性は、血液の流れが悪くなっている状態です。

血液がサラサラになることで、血行が良くなり、冷え性に効果が出るのです。

ビタミンEは、カボチャ・ほうれん草・イワシ・たらこに多く含まれています。

体を冷やす食材は食べない

食材の中には、体を冷やす作用があるものがあります。

代表的なもの、キュウリとトマトです。夏に収穫できる食材や、トロピカルフルーツなどの、暑い場所で収穫できる食材は、体を冷やす効果があります。

ファストフードや加工食品は、カロリーは高いですが、体を冷やす作用があります。

また、意外と知られていないのが、白米と砂糖です。これらも体を冷やしてしまいます。

お風呂では湯船に入る

時間がない、早く寝たい、そんな方は湯船に入らず、シャワーですませてしまいます。

ですが、冷え性のことを考えるなら、湯船に入ることが大切です。

理想は、朝と夜の2回湯船に入ってください。

朝は15分、夜は30分を目安に、ゆっくりと温まってください。

長く湯船に入るには、湯船の温度を低くし、半身浴をするといいですよ。

薄着は避ける

冷え性を改善したいなら、薄着は禁物です。流行りのファッションは諦めたほうがいいでしょう。

重ね着をして、暖かい服装をしましょう。

足を冷やすと、内臓まで冷えます。足と内臓、関係ないように思えますが、事実なので、素足で生活することは、避けたほうがいいでしょう。

運動を行う

定期的に運動を行うことで、基礎代謝が上昇し、冷え性を改善できます。

30分以上の運動を、できれば毎日、少なくとも2日に1回は行ってください。

サイクリングでも、ウォーキングでも、何でもいいので、きつくない程度の運動を選びましょう。

冷え性が原因の病気とは

冷え性は、女性の大敵ですよね。

手足が冷えてしまい、とてもつらいです。

寒い夜なんかは、手足が冷たくて、全然寝れないなんてこともあります。

ですが、冷え性は病気ではなく、状態を表す言葉なんです。

実際、西洋医学のなかでも、冷え性の治し方は存在しません。

なら、「放っておいてもいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、それは、違います。

冷え性を放置しておくと、体調不良の原因になるのです。

月経不順

骨盤が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなってしまいます。

すると、卵巣へ流れる血液の量が減ってしまい、卵巣の機能が低下します。

結果、月経不順になってしまうのです。

また、女性の骨盤は男性より丸いため、血液の流れが悪いのです。

月経痛

子宮へ流れる血液量が減ると、月経時に子宮のまわりに、血液が溜まってしまいます。

これが原因で、激しい痛みが表れます。

冷え性の方は、生理痛がひどいというのは、こういう理由なんです。

免疫力低下

冷え性は、血流が悪いと引き起こされます。

血行が悪い部分の体温は低下します。

体温が低下すると、免疫力が低下します。

体温が1度低下すると、免疫力は40%低下するといわれています。

ですから、体が冷えてしまうと、風邪をひきやすくなってしまうのです。

内臓機能の低下

食事を食べると、体内では消化が始まります。消化には、酵素の働きが必要不可欠です。

酵素がしっかり働かないと、消化がうまくできず、私たちの健康を維持できません。

酵素が活発に働くには、約37度の状態を作らなくてはいけません。

ですので、冷え性になってしまい、体温が低下していると、酵素の働きも低下してしまいます。

そして、内臓自体の機能も低下してしまいます。

内臓機能の低下は、自覚症状がない場合があるので、注意が必要です。

痩せにくくなる

冷え性の方は、基礎代謝が低下しています。

基礎代謝が低い状態では、脂肪は燃焼されません。

このような状態でダイエットを行っても、結果は出ません。

ダイエットをする前に、冷え性を治しましょう。

むくみ

基礎代謝が低下すると、むくみやすくなります。

体の外に水分を出しづらくなっているので、むくみやすいのです。

むくみが気になる方は、カリウムを多めに摂取しましょう。

カリウムは、体の外へ水分を出す作用があるからです。

不妊症

子宮や卵巣へ、十分な血液が行かないと、卵巣の機能が低下してしまいます。

子宮内膜も厚くならず、不妊につながります。

 

このように、冷え性を治さないと、体へさまざまな悪影響をもたらすのです。

冷え性の方は、是非改善するようにしてください。

なぜ女性は冷え性になりやすいのか

私の周りには、冷え性に悩む女性がたくさんいます。

ですが、冷え性の男性は、ほとんどいないんですよね。

もちろん、「たまたま」そうだったってことはないですよ。

女性は、体の構造上、冷え性になりやすいんです。

なぜ、女性は冷えやすいのか、少しまとめたので、ご覧ください。

女性は男性より血管が細い

女性の血管は、男性と比較すると、結構細いんです。

身近なことで例えると、口の広いストローを使うほうが、細いストローを使うより、吸いやすいですよね。

血管も同じで、広いほうが血流がよく、滞ることがほとんどありません。

ということで、女性は血管が細いので、血流が悪くなってしまうのです。

冷え性の原因は、血流にあります。血流が悪くなると、体の末端部分まで血液が行かずに、冷え性になってしまいます。

女性は筋肉が少ない

筋肉は熱エネルギーを作ります。ですが女性の筋肉量は少なく、熱量不足になってしまうのです。

なので、女性は体温の低めな方が多くいます。

作られる熱量が少なければ、当然体も冷えやすく、冷え性になりやすいといえます。

ちなみに、女性アスリートの方は、筋肉量はおおいですよ・・・。

女性は心臓のポンプ機能が弱い

運動をしていない方は、注意してください。

女性は、体の構成上、心臓のポンプ機能が弱くできています。

毎日運動を行っている方は、ポンプ機能が強くるという報告もあるので、冷え性で困っている方は、運動をしてみましょう。

女性は自律神経が崩れやすい

自律神経は、体の冷えに大きく関わっているのです。

自律神経は、血圧や体温などをコントロールする、大切な役割があります。

ですが、女性の自律神経はとても崩れやすくなっています。自律神経の崩れは、直接冷え性に関わってくるので、うまくコントロールしていきましょう。

女性の骨盤は丸い

あなたもご存知と思いますが、男性と女性の骨盤をくらべると、形が違うんです。

女性の骨盤は、丸みを帯びた形になっています。

そして、女性の骨盤の中には、卵巣、子宮などの臓器が詰まっているので、血流が余計に悪くなってしまうのです。

上記の説明で分かると思いますが、女性はみんな「生まれつき」冷え性になりやすいんです。

今度の冬は、冷え性に苦しむのは嫌だ。と思う方は、ライフスタイルを見直して、冷え性にならないように注意してください。

例えば、薄着でちょっと外出するなんてことは、言語道断です。必ずジャンパーやコートを身につけて、暖かくして外出しましょう。

体を冷やしてしまう原因は、できるだけ排除しましょう。

きつい服装を身につけないことは重要です。

下着も同じように、きつめのものは避けましょう。

きついものを身につけていると、それだけで血流が悪くなります。

なので、なるべく大きめのものを着るなどの工夫をしましょう。

骨盤の歪みも、冷え性の原因になるので、注意が必要です。