自転車ダイエットの効果を高める姿勢

自転車ダイエットは、普段からぐーたらな生活を送っている方でも、簡単に長時間行えるダイエット方法です。

続けていても、ツラさをあまり感じないので、痩せる効果がとても高いのです。

なにより、自転車をこぐだけで、下半身の筋肉が鍛えられるのだから、やるしかないですよね。

しかも、鍛えられる筋肉は、体全体の70%というから驚きです。

下半身の筋肉を鍛えることで、すっきりとした、きれいな美脚が出来上がります。

春、または秋などの空気が爽やかな季節に、自転車に乗り、サイクリングを楽しんでください。

サイクリングを楽しんでるだけで、知らず知らずのうちに痩せているんだからうれしいですよね。

 

自転車ダイエットを行うには、効果を高める姿勢で行うのが良いです。

少し、意識するだけで、簡単に覚えられるので、必ず覚えてください。

痩せやすい自転車姿勢を、順番にご説明いたします。

目線

顔を上げ、正面を見ます。3~5メートル先を見る感じです。

首をしっかりと伸ばすのがポイントです。

これは、痩せる効果には関係ありませんが、サイクリングの安全性を高めるためにも、必ず守ってください。

下を見たり、遠くのほうを見ていると、フラフラ運転になってしまうので注意が必要です。

ダイエットは、安全第一で行いましょう。そのために必要なのが目線なのです。

背筋

首を伸ばすのは基本中の基本ですが、背筋は伸ばす必要はありません。

少し曲げて、前傾姿勢になるほうがいいです。

無理をして、よし姿勢を作っていると、疲れてしまい、途中で挫折してしまいます。

自転車ダイエットの醍醐味は、リラックスして続けることができる点です。

ですので、無理は禁物。楽な姿勢で行いましょう。

肘は少し曲げたほうが楽になります。

首のように、まっすぐに伸ばさなくて大丈夫です。

まっすぐ伸ばして、突っ張っていると、余分な力が加わり、疲れてしまいます。

逆に、肘の曲げすぎは禁物です。

前のめりになりすぎて、かえって疲れてしまいます。

手は、ハンドルに軽く添えるだけで大丈夫です。

添えるだけと思うだけで、余分な力が抜け、肘はちょうどいい感じに曲がります。

これが、正しい姿勢です。

サドルの高さ

あなたは、サドルの高さは調整していますか?

買った状態のまま、調整せずに乗っているという方は、ぜひ高さをちょうせつしてください。

サドルの高さは、どのくらいがいいのか。答えは、ペダルが一番下にあるときに、膝が若干曲がるくらいがベストです。

サドルはこの位置に固定しておきましょう。力が入りやすくなるので、自転車をこぐのが楽になります。

自転車をこぐときは、腹筋に力を入れましょう。そして、お知りに重心をおいて、サドルに座ってください。

ペダル

ペダルを漕ぐには、つま先を使いましょう。

親指の付け根をペダルの中心に置いてください。

自転車のペダルを漕ぐときは、ペダルが前方にあるときに力を入れます。そのあとは、力を抜いてください。

慣れるまで難しいかもしれませんが、これが、美脚を作るコツです。

足首

足首の動かしすぎに注意してください。

足首は動かしても痩せません。

疲れるだけです。

足首は固定するのが基本です。

自転車に乗ると美脚になる?

そろそろ行楽シーズン到来ですね。あなたも「遊びに行きたい!」と考えることが多くなりますよね。

そんな、あなたには自転車ダイエットがピッタリ。

普段、買い物や通勤で使っている自転車は、想像以上のダイエット効果があるんです。

毎日使っている自転車を使うので、金銭面での心配はありません。

自転車があれば、だれでも簡単に始められます。

それと、行楽の秋、うっかり食べ過ぎてしまう、なんてことがあると思います

自転車を使用したダイエットを学び、摂りすぎたカロリーを消費しましょう。

最近、自転車通勤の方がとても増えています。

勤め先によっては、自転車通勤を推奨しているところも、徐々にですが増えてきています。

環境にやさしいし、なにより交通費がかかりませんね。

地震などの自然災害が起こったとしても、問題なく帰宅することができます。

勤め先が、自転車で通える距離なら、通勤手段を自転車に変更することが望ましいです。

 

自転車ダイエットは、スキルが必要ありません。これが大きなメリットであり、ほかの運動するダイエットとは、違うとこですね。

用意するもの自転車だけ、誰でも簡単に始めることができます。

それに、自転車に乗るだけなので、ダイエット方法を覚える必要はありません。

さらに、簡単なダイエットなのに、カロリー消費が高いんですよ。

自転車をこぐ動作を「ペダリング運動」と呼びます。

ペダリング運動は、下半身のいろいろな筋肉を使用します。

なんと、その割合は、全身の筋肉の70%以上といわれています。

それだけ、カロリー消費が激しいのです。

それと、長時間継続できる運動なのもメリットですよね。

体を動かすダイエットは、とてもつらいものが多く、途中でギブアップする方がとても多くいます。

腹筋、背筋、腕立て、これらは基本的なダイエットですが、続かないですよね。

少しやると、もうつらくて終了、なんてことも多いと思います。

慣れるのを待つ、という考えもありますが、いつ慣れるんでしょう?ダイエットする日が遠のくだけですよね。

自転車ダイエットなら、運動音痴な方や、体力がない方でも、簡単に長く続けられます。

これは、筋肉への負担が少ないからなんです。

ですので、たくさんトレーニングができ、痩せることができるんです。

似たダイエットに、ジョギングやウォーキングがありますね。

自転車ダイエットをジョギングやウォーキングと比較したとき、魅力となるのは爽快感ですね。

心地よい風を感じながら走ることは、とても気持ちの良いことです。

「楽しい」「おもしろい」って、ついつい思っちゃいますよ。

ダイエットを成功させる一番の決め手は、楽しみながら行うことです。

自転車ダイエットは、これを実現できるんです。

 

下半身の筋肉を、繰り返し鍛えることで、美脚にもなれるので嬉しいですよね。

暑い季節は、運動をする気になれませんが、涼しい季節ならやる気がでるはずです。

ぜひ、涼しい季節から初めて、新しい体を手に入れてください。