ツボを押すだけでほうれい線は防げる

ほうれい線に効果的なツボを、マッサージしましょう。

ほうれい線は、30代前半から目立ち始めます。

それを放置しておくと、徐々に溝が深く、はっきりとしたほうれい線になってしまいます。

ほうれい線の原因は、表情筋の衰えであることが、広く知られています。

歳をとるにつれ、体の筋力は低下していきますが、表情筋も同じで、加齢により衰えてしまいます。

表情筋が、その上の皮膚と一緒に落ちてきて、ほうれい線となるのです。

そこで、あまり知られていない、ほうれい線予防に効果的なツボを押してみましょう。

巨りょう(こりょう)

まず初めに、頬骨の下に位置するツボを刺激しましょう。

このツボは、笑顔のツボと呼ばれています。

上唇を動かすのに必要な筋肉と、肌のハリを高めます。

当然、垂れてしまったほうれい線にも、効果があります

このツボの名称は巨りょう(きょりょう)と呼ばれています。

巨りょうは、鼻の両サイドの外側にある線と、目の下から垂直におろした線が、交差する場所にあります。

巨りょうは、人差し指を使って、垂直に優しく指圧します。指圧する際は、指の腹を使ってください。
  1. 左右一緒に約5秒指圧する。
  2. 指圧が終わったら、そっと指を離す。
上記の動作を5セット行います。

このツボの指圧は、ほうれい線予防以外にも、頬のたるみとむくみ、、目元と口元のたるみにも効果を発揮します。

肌の皮脂分泌を整え、乾燥しがちな肌にも効果のあるツボです。

地倉(ちそう)

地倉は、口角の少し横にあるツボです。

このツボは、直接ほうれい線に効果を発揮します。

口のする横にあり、このツボを押すことで、滞った気を正常に戻すことができます。

口角を引き上げる効果もあります。

顔のむくみの解消、ハリやツヤを作る効果も期待されます。

ツボは決して強く押してはいけません。やさしく、気持ちいいくらいの力加減で押してください。
  1. 左右一緒に約5秒指圧する。
  2. 指圧が終わったら、そっと指を離す。
こちらも5セット行います。

地倉を刺激することで、口角が徐々に引き上げられていきます。

口角が上がると、明るい表情になります。

そして、このツボの最大のポイント。それはダイエットにも効果があるんです。

なんと、食欲を抑える効果があるんですよ。

下関(げかん)

耳の付け根付近から、鎖骨に沿って、へこんだ場所が下関です。

口を開くと、骨が上がる箇所があります。

これが下関になります。

下関を指圧するときは、人差し指を使うのがおすすめです。

人差し指の腹を使って、皮膚を上に向かって押し上げてください。

力を入れてはいけません。優しく行ってください。

このツボを刺激することで、血行が良くなります。

新陳代謝が向上するので、垂れた筋肉のリフトアップにも効果的です。

リフトアップ以外にも、関節症、歯痛にも効果があります。

息を吐きつつ、5秒間やさしく押します。

これを5回繰り返してください。

少しの時間でも、ツボは押せるので、忙しい人にはおすすめですよ。

表情筋を鍛えればほうれい線はできません

ほうれい線ができる原因の一つは、表情筋がの衰えにあります。

表情筋は、加齢とともに衰えるものなのです。

体の筋肉も、加齢とともに衰えてしまいますよね。

表情筋も同じで、年齢を重ねるにつれ、衰えるのです。

表情筋の衰えを阻止するには、筋トレしかありません。

表情筋を鍛えて、ほうれい線を予防しましょう。

 

日常生活で使用されている筋肉は、体全体の三割なんですよ。知ってました?

人の筋肉は、日常生活では、ほとんど使われていません。

なので、常日頃から全身の筋肉を使うライフスタイルを身につける必要があるんです。

では、表情筋の筋トレ方法を説明していきます。簡単にいうと、フェイスストレッチをするだけで、表情筋は鍛えられます。

日ごろ使用されない筋肉を、意識しながら使うエクササイズです。

フェイスストレッチをやろう

  1. 口の中に息を溜め、頬を膨らませます。
  2. 十秒間、その状態を保ちます。
これを三回繰り返して一セットになります。

次に「アイウエオ体操」を朝昼晩の一日三回行うと、表情筋を鍛えることができます。

この体操は、名前からもわかる通り、口を大きく開けて「アイウエオ」と発声するだけの、簡単な体操です。

声が出せない状態なら、口だけ動かしてください。これでも十分効果はあります。

重要なのは、口を大きく開き、大きな声で「アイウエオ」と発声することです。

この体操をすることで、日常では使用しない頬の筋肉を使うことができます。

道具はいりませんが、場所は選んだほうが良いでしょう。自宅でやるのがベストです。

パソコンを操作しているときや、テレビを見ているときにやってみましょう。

 

ほうれい線予防には、マッサージも効果的です。

マッサージを行い、筋肉にほどよい刺激を与えることで、筋肉が活性化します。

メイク前や洗顔、クレンジングの際に、簡単にできるマッサージをご紹介します。

アゴのプッシング

唇の下、アゴの中心を両手の中指と薬指で、押していきます。

押す強さは、ピアノの鍵盤を押すくらいの強さです。

ここはリンパ腺があるので、押すことにより、リンパの流れが改善されます。

プッシングを行うと、顔のむくみにも効果があります。

唇の両端をプッシング

両手の中指と薬指で、押していきます。

これも、ピアノの鍵盤を押す強さです。

ここにも、リンパ腺があり、押すことでリンパの流れが改善されます。

あご→唇の端→目の下まで滑らせる

両手の人差し指、中指、薬指を使用します

指の腹を使用し、力を入れすぎないように滑らせます。

あご→こめかみ、輪郭に沿って滑らせる

こちらも、両手の人差し指、中指、薬指を使用します

力を入れずに優しく滑らせましょう。

 

上記の四種類のマッサージを、五回繰り返します。

ローションやクリームを塗って、摩擦を減らして、マッサージを行ってください。

皮膚はとても薄いので、とにかく優しくマッサージを行ってください。

ほうれい線は予防できる

ほうれい線ができるだけで、見た目年齢は実際の年齢より老けて見えてしまいます。

しかも、ほうれい線は一度できると、完全に消すことが難しいのです。

そこで、ほうれい線ができる前に、予防することが重要になってくるのです。

肌を乾燥から守ろう

ほうれい線は、保湿を行うことで、ある程度防ぐことができます。

潤いのある素肌は、ハリと弾力があり、ほうれい線ができにくいといわれています。

化粧水を選ぶ際のポイントは、ヒアルロン酸とコラーゲンが含まれているものを選ぶことです。

ヒアルロン酸は保水力があり、肌から水分が逃げるのを防いでくれるため、乾燥から素肌を守ってくれます。

コラーゲンは、素肌にハリを与えてくれます。

素肌から、ハリが無くなると、たるみができやすくなり、その結果ほうれい線ができてしまいます。

プラセンタも、ほうれい線予防には効果的です、

化粧水を使う際のポイントは、たっぷりと使うことです。

素肌を十分な潤いを与えてあげます。

何回も重ね付けをし、肌の奥深くまで浸透するようにしてください。

手のひらを使い、ゆっくり、じっくりとなじませていきます。

しっかり保湿あとは、クリームと乳液で、潤いをキープさせましょう。

紫外線から素肌を守る

素肌を紫外線にさらすと、乾燥の原因になります。

そんため、ほうれい線を防ぐなら、紫外線を防ぐことから始めましょう。

外出時はUVカットクリームをしっかり塗ります。曇りの日も、必ず塗ってください。

家にいるときも、UVカットクリームを塗ると安心ですね。

UVカットクリームを選ぶ際は、UV-AをカットするUVカットクリームを選んでください。

UV-Aは、エラスチンやコラーゲンを壊す働きがあります。

UV-Aをどのくらいカットできるかを示す表記が「PA+」というものになります。

「+」が多くついているほど、しっかりUV-Aをカットしてくれます。

UV-Bは、シミが気になる方におすすめです。

外出時は、UVカットクリームだけでなく、帽子や日傘などを使い、しっかり紫外線を防ぎましょう。

眼精疲労を治す。

眼精疲労が、ほうれい線に影響を及ぼすことは、昔から知られています。

目薬はもちろん効果的ですが、目元用の温熱シートを使用すると、眼精疲労をしっかり取り去ることができます。

寒い季節は、目元を温めて、血行を良くしたいものです。

また、睡眠もとても重要です。

しっかり寝ないと、前日の疲れが翌日に持ち越されてしまいます。

どんなに忙しくても、疲れを持ち越さないくらいの、睡眠時間をとってください。

美容外科へ行ってみよう

ほうれい線が気になってしょうがない。他人の視線が気になる。早く治したい。このように思ってしまう方は、美容外科へ行ってみましょう。

美容医療で多くの方が行う治療は、ヒアルロン酸の注射や、サーマクールです。

くぼんでしまったほうれい線には、ヒアルロン酸の注射がおすすめです。あっという間に目立たなくなります。

ヒアルロン酸注射の効果は、半年から一年です。

サーマクールは、メスを使わずにリフトアップできる方法です

ほうれい線を治す一番の方法かもしれません。即効性があり、体への負担がとても少ないです。

気になってしょうがないという方は、無料カウンセリングを受けてみましょう。