ニキビ用ポイントメイク



ニキビって、できると気になるんですよね。

治ってもすぐにできてしまうんですよね。

普通の人なら、ニキビができた肌は、少しでもいいから隠したいと思いますよね。

でも、隠すなら、あとのことも考えて行わないといけません。

これから、ニキビ用のポイントメイクの選び方を、説明していきます。

ポイントメイク

頬の肌色を明るくする「チーク」、立体感を出す「ハイライト」は、ニキビには大敵です。

この2種類は、パウダータイプの商品が多数あります。

ニキビができやすい肌は、油分を極力抑えることが重要です。

乳液やクリームより、パウダーがお勧めなのですが、チークやハイライトの使用は控えるべきです。

なぜなら、ニキビの治りを妨げるからです。その原因はブラシにあります。

ブラシを使って肌を擦ると、擦った刺激により、ニキビが治りにくくなり、悪化する恐れがあるのです。

チークやハイライトを使用している方で、ニキビが治らないという方は、ブラシの硬さや汚れ、肌にあてる際の力の入れ具合を、見直してみましょう。

それらが、原因になっている可能性があります。

たとえば、頬骨あたりのニキビが治らない場合、その部分にチークを使っていることが原因かもしれません。

ブラシを使う際に、力を入れすぎると、ニキビが悪化してしまいます。

さらに、ブラシが汚れていると、ばい菌が繁殖してしまいます。

どうしてもブラシを使いたいなら、力を入れずに、優しく使うこと。使用後は、しっかり洗浄し、汚れを残さないようにしてください。




肌の気になる部分を隠すコンシーラーって、すごく便利ですよね。

私の周りにも、毎日使っている方が多数います。

ニキビができている方は、必ずと言っていいほど、コンシーラーを使っています。

ですが、ニキビにコンシーラーを塗ることは、やめてください。

確実に、ニキビが悪化します。

コンシーラーは、クリームタイプか固形タイプなので、ニキビの上に塗ると、毛穴を詰まらせる要因になります。

ニキビを完治させたいなら、コンシーラーを使ってはいけません。

 

コンシーラーを使わずに、ニキビを隠すには、ファンデーションで隠しましょう。

まず、ファンデーションを顔全体に、まんべんなく塗り、そのあとに、ファンデーションを少しだけ、ニキビの上にのせます。

これだけで、ニキビは目立たなくなります。

 

ニキビができたときは、すっぴんが一番ですが、そうわ言ってられないですよね。

なので、肌をいたわりながら、ニキビを隠すメイクをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です