ニキビ用ベースメイク




ニキビができている肌は、普通よりデリケートになっています。

また、メイクが刺激になることがあり、ニキビが悪化する恐れがあります。

化粧品を選ぶ際は、ニキビのことを考慮して選んでください。

メイクアップ化粧品は、肌のことを第一に考えましょう。見た目などは、その次です。

 

メイクを始めるときは、ベースメイクから行いますよね。

まずは、日焼け止め、次に化粧下地、そして、コンシーラーにファンデーション。最後に、リップやアイラインなど、細かいメイクをします。

ニキビのことを考えて化粧品選ぶ場合、化粧品によって、選び方が変わります。

ベースメイク

ファンデーションを使う前に、ベースメイクをします。

ベースメイクとは、ファンデーション前の、日焼け止めと化粧下地を指します。

この二つは、クリームか乳液タイプになります。

ニキビができた肌は、肌表面に過剰に分泌された皮脂が付着しています。

なので、できれば、乳液やクリームなどの、油分が多いものは避けるべきです。

そこで、ベースメイクは、日焼け止めと化粧下地が一緒になったものを選んでください。

日焼け止めと化粧下地を別々に使うより、一緒になったものを使うと、一回で済むので、余分な油分を少なくできます。

最近の化粧下地は、日焼け止め成分が含まれるものがあるので、お勧めです。

選ぶときは、両方の機能が入っていることを確認してください。

 




ベースメイクの次は、ファンデーションで肌につやを出します。

ファンデーションの選び方にも、ポイントがあります。

ファンデーションには、リキッドとパウダーの二種類があります。

ニキビができている方は、パウダータイプを選んでください。

リキッドタイプは、隠したい部分をしっかり隠してくれるので、良く選ばれます。

ですが、ニキビに合うものは、パウダータイプなのです。

パウダータイプは、粉のため、使用すると粉っぽくなり、浮いちゃうのではないかと、心配する方もいます。

しかし、パウダータイプを使用して、浮いてしまう危険性は、ファンデーションの品質や、化粧下地との相性で解決できます。

パウダータイプで浮いてしまうと感じたら、化粧下地を変えてみて。

 

ベースメイクは顔の印象を決めるのに、とても重要です。

メイク選びは、ニキビのことを第一に考え、そのなかで、一番きれいになる方法を考えましょう。

同じメーカーの、同じラインの化粧下地とファンデーションは、相性が良いといわれています。

あなたも、お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です