ベースメイクに必要不可欠なものそれは化粧下地

ベースメイクをする際に、化粧下地を使用しない方が、かなりいるんですよ。

最初に言っておきますが、ベースメイクをする前に、化粧下地を使うことは必須です。

化粧下地の効果は、素肌に薄い膜を張るようなものです。

幕を張ることで、肌を均一にしてくれるんです。

さらに、化粧下地を使用することで、ファンデーションが、しっかりと肌に密着します。

また、肌を刺激から守る効果もあります。

化粧下地がクッションの役目をしてくれるので、メイクを直接肌につけなくてよくなります。

結論、化粧下地を使用すると、メイクは上達します。そして、肌への負担も減ります。

 

朝、化粧水を使用すると、肌がとても潤います。あなたも感じたことがありますよね?

そして、そのまま、ファンデーションを塗ってしまった経験もあるはず。

ですが、こんなことをしていたら、ファンデーションが肌の水分を吸収してしまい、乾燥してしまいます。

せっかく肌が潤っているのだから、幕を張って水分を保持しましょう。

 

今販売されている基礎化粧品には、化粧下地も一緒にできるものもあります。

さらし、日焼け止めに化粧下地の効果かがるものまで販売されています。

あなたが現在使用している化粧品に、化粧下地の効果があれば、それだけで十分効果を発揮できます。

化粧下地の効果がなければ、是非、化粧下地をしてください。

 

メイクをする場合、初めに基礎化粧品。

次に日焼け止め。

そして化粧下地。

最後にファンデーションを使用します。

化粧下地には、カラーコントロールの効果を持つものがあります。

どんな化粧下地を使っていいのか迷ったら、次のことを参考にしてください。

  • 紫外線を防ぐ→UVカット成分が含まれたものを使用する。
  • 肌の色味を調整したい→カラーコントロール成分が含まれたものを使用する。
化粧下地は、ファンデーションと同じスペースで売られていることが多いです。

同じスペースにある、同じメーカーの商品を選ぶと、相性が良く、効果を高めてくれます。

パウダー系の下地は、もっちりとした仕上がりになります。

クリーム系、リキッド系の下地は、さらっとした仕上がりになります。

ファンデーションに合った下地を使うことで、効果が倍増します。

 

まずは、化粧下地、次にファンデーションを塗る。

たったこれだけで、ベースメイクの効果が高まります。

その結果、厚塗りを防ぐことができます。

状況に合わせて、重ね塗りもOKですよ。

ここで、勘違いしてほしくないのですが、「重ね塗り」と「厚塗り」は別物です。

同じだと感じてしまう方も多いですが、厚塗りは、ただ厚く塗るだけ、重ね塗りは、足りない部分に、足していくことです。

顔全体に塗ることはせず、足りない部分にだけ塗ります。

また、目の周りの重ね塗りをする場合は、手に余分についてしまったものを使用してください。新しく付け足してはいけません。

 

毛穴を隠したい方は、厚塗りは禁物です。

厚塗りをすると、毛穴に入ってしまい、余計に毛穴が目立ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です