洗顔の決まり事って知ってますか?

洗顔は美容の基本です。

数あるスキンケアの中で、洗顔が最重要行為であるといってもいいでしょう。なのに、洗顔のルールを知らない人が多すぎます。

そこで、今回は、洗顔のことをしっかり説明いたします。

洗顔は、洗顔フォームを使用するのもと、クレンジングを使用する、2種類があります。

クレンジングって、メイクを落とすだけというイメージをお持ちの方が、たくさんいます。

なら、メイクをしていなければ、クレンジングをしなくていいのか?という疑問がおこります。

答えは、NOです。

化粧をしていなくても、クレンジングは行う必要があります。

クレンジングの効果は、メイクを落とすより、油汚れを落とすことに効果を発揮します。

油汚れとは、リップやファンデーション、日焼け止めなどを指しています。

また、当然ですが、自分の皮脂も油よどれですよ。

今日はノーメイク、日焼け止めしか使用していないから、クレンジングはやらない。こんなことをしていては、肌に悪影響を与えてしまいます。

クレンジングで、油汚れを洗い流さないと、毛穴が詰まってしまいます。結果として、ニキビができてしまうのです。

さらに、肌に残ってしまった毛穴汚れは、酸化するんです。

酸化は、肌へのダメージが大きいので、注意が必要です。

だからこそ、油分を浮かして、キレイにしてくれる、クレンジングが必要なのです。

 

ダブル洗顔って聞いたことありますか?

洗顔を2回行うことではありませんよ。

クレンジングと洗顔の、両方をやるということです。

洗顔フォームで2回洗顔したとしても。ダブル洗顔にはなりません。

洗顔フォームだけの洗顔で終わらせると、くすみの原因になります。

クレンジングで、しっかり油分を落とすことが重要です。

この段階で汚れが残っていると、化粧水や美容液が、肌に浸透しなくなります。

スキンケアで効果を出すためには、クレンジングが必要不可欠です。

 

洗い方も大切です。

「肌がべたべたするから、力を入れて洗おう」や「なかなか化粧が落ちないから、ゴシゴシ洗っちゃえ」こんなことをしていると、肌は大ダメージを受けてしまいます。

洗顔は「丁寧に、かつ、優しく」が基本です。

ゴシゴシ洗うことは、絶対にしてはいけません。

あなたも、頭では理解できているけど、「今日は特に汚れたから、今日だけなら平気だよね」なんて思うことがありますよね?

でも、「今日だけ」というのは、習慣化しやすいので気をつけなければいけません。

いつもは、「やさしく」洗顔していて、ときどき「ゴシゴシ」洗顔していると、常に「ゴシゴシ」洗顔するようになってしまいます。

人間の心理って不思議ですよね。

人間の肌というのは、とても正直です。なので、毎日丁寧にスキンケアしていれば、必ず美肌になることができます。

これからは、「丁寧」という言葉を忘れずに、スキンケアを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です