パッティングを勘違いしてませんか?

美容液や化粧水を使用後、しっかりなじませる作業は、スキンケアでは、とても重要なことです。

アンチエイジングや美白、毛穴の黒ずみや開きなど、気になってしまう部分を改善するには、気になる部分に合った栄養を与えることが大切になります。

美容液や化粧水は、顔に塗るだけではなく、パッティングをすることで、効果が上がると報告されています。

肌の奥深くまで栄養を届けるには、パッティングが必要不可欠なのです。

ですが、パッティングのやり方を、知らない方が多くいます。

あなたは、美容液や化粧水をつけて、両手で顔をパンパンと、力いっぱいたたいていませんか?

私の知人にも、このやり方を行っている方が多くいます。この現場に遭遇した時は、かなり愕然としました。

力いっぱい叩くのは、肌には悪影響だと覚えておきましょう。

 

肌には、適度な刺激は必要です。

適度な刺激は、美肌を作るのに、とても効果出来です。

美容液や化粧水をつけるだけではなく、なじませなくてはいけません。

ただ、そのなじませかたに問題があるのです。

力加減は、実際どのくらいの力で行えばいいのか、悩みますよね。

適度な力加減知るには、誰にやってもらうのが一番です。

家族や知人に頼んで、パッティングをしてもらいましょう。

逆にあなたが、家族や知人にやってあげるのもいいですよ。

ここで問題なのが、家族や知人も、適度な力加減を知らないことがあるということです。

そこでお勧めしたいのが、デパートなどの化粧品コーナーで、メイク担当の方に、実際にやってもらうことです。すごく丁寧にやってくれますよ。

あまりに気持ちよくて、眠気が襲ってくるほどです。さすがプロだと実感できるでしょう。

人の顔に対して何かをするときは、ものすごく気を使います。

自分にやる時と違って、遠慮がちになってしまうことがよくあります。

ですが、その遠慮がちな状態の力加減がベストな力加減なのです。

まずは一度、誰かにやってもらいましょう。そして、その力加減を忘れないでください。

自分でスキンケアを行う際は、その力加減を思い出しながら行ってください。

すると、自然と肌に優しい、パッティングになります。

正しいパッティングを知ることで、肌に負担をかけずに、美容成分を肌の奥深くまで届けることができます。

美容液や化粧水の正しいつけ方は、刺激を与えながら、肌に美容成分を浸透させるのが正解です。

額からあごにかけて、美容液や化粧水を伸ばして終わってしまっては、効果がないのです。

力いっぱい、すり込んでもいけません。

スキンケアを行う際は、使用する商品の特徴を理解してから行うようにしましょう。

スキンケアの基本は、美容成分を肌の奥深くまで送り込むことです。

顔全体になでる感じです。伸ばすのとは違います。

赤ちゃんの顔をなでる時を思い出してください。力いっぱいなでないですよね?

デリケートなものを、扱うときのように、やさしく、慎重に、時間をたっぷり使ってスキンケアも行いましょう。

最後に、スキンケアをする際は、鏡を見ながら行ってください。

顔の形が変わっているようでは、力を入れすぎです。

力を抜いて、スキンケアを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です