冷え性を改善するには

冷え性というのは、手足が冷えて冷たくなっている状態のことです。

冬の季節は、外の気温もどんどん冷たくなってきます。

そこで、大切になってくるのが、冷え性対策ですね。

冷え性になると、手足が冷たくなって嫌ですよね。ですが、症状はそれだけではありません。

むくみに月経不順、不妊にもつながります。

冷え性を改善するには、あなたのライフスタイルを改善することが必要です。

病院で冷え性の相談をすると、よく漢方薬を処方されます。この漢方薬の成分に、冷え性を改善する成分が含まれているのです。

あなたも、冷え性を改善したいなら、生活習慣の改善をしつつ、病院を受診し、冷え性に効果のある漢方薬を、処方してもらいましょう。

では、冷え性を改善する具体的な方法を、説明いたします。

体を温める成分が含まれる食材を食べる

全てというわけではありませんが、冬に収穫できる食材や、寒い場所で収穫できる食材には、体を温める作用があります。

発酵食品にも、体を温めてくれる成分が含まれています。

また、栄養素の中では、ビタミンB1が、体を温めるのに効果的です。体の中に蓄えた糖質を燃焼させ、エネルギーに変換してくれるからです。

ビタミンB1は、ゴマ・イワシ・豚肉・ほうれん草・卵・レバー・焼きのりに多く含まれています。

また、ビタミンEも効果があります。

ビタミンEは、血液をサラサラにしてくれるからです。

冷え性は、血液の流れが悪くなっている状態です。

血液がサラサラになることで、血行が良くなり、冷え性に効果が出るのです。

ビタミンEは、カボチャ・ほうれん草・イワシ・たらこに多く含まれています。

体を冷やす食材は食べない

食材の中には、体を冷やす作用があるものがあります。

代表的なもの、キュウリとトマトです。夏に収穫できる食材や、トロピカルフルーツなどの、暑い場所で収穫できる食材は、体を冷やす効果があります。

ファストフードや加工食品は、カロリーは高いですが、体を冷やす作用があります。

また、意外と知られていないのが、白米と砂糖です。これらも体を冷やしてしまいます。

お風呂では湯船に入る

時間がない、早く寝たい、そんな方は湯船に入らず、シャワーですませてしまいます。

ですが、冷え性のことを考えるなら、湯船に入ることが大切です。

理想は、朝と夜の2回湯船に入ってください。

朝は15分、夜は30分を目安に、ゆっくりと温まってください。

長く湯船に入るには、湯船の温度を低くし、半身浴をするといいですよ。

薄着は避ける

冷え性を改善したいなら、薄着は禁物です。流行りのファッションは諦めたほうがいいでしょう。

重ね着をして、暖かい服装をしましょう。

足を冷やすと、内臓まで冷えます。足と内臓、関係ないように思えますが、事実なので、素足で生活することは、避けたほうがいいでしょう。

運動を行う

定期的に運動を行うことで、基礎代謝が上昇し、冷え性を改善できます。

30分以上の運動を、できれば毎日、少なくとも2日に1回は行ってください。

サイクリングでも、ウォーキングでも、何でもいいので、きつくない程度の運動を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です