普段の生活習慣からニキビを治そう

ニキビって嫌ですよね。私も大嫌いです

特に顔にできたニキビは最低最悪ですよね。

 

鏡を見ると、ついつい目が行ってしまい、そればかり気になります。

ジンジンヒリヒリするし、見るたびに「早く治って~~~!」と思っちゃうんですよね。

 

治っても、ニキビ跡としていつまででも残り続けることもあって、最悪です。

そして、またすぐにニキビができてしまい、がっくりorz

そんな繰り返しで...

こういう人も結構いるんですよね。

 

ニキビの対策でとても有効なのは「できないようにする」ことです。

当然のことにですが、これがかなり難しかったりします。

ですが、ニキビができる原因を知り、それに合った対策をすれば

自然とニキビはできにくくなりますよ。

みなさんも、ニキビになりにくい毎日は身につけてね!

マフラーやマスクなどは柔らかく清潔なものをつかいましょう

これからの季節、とっても寒くなりますね。

寒さ対策のために、マフラーを使用することが多くなると思います。

また、インフルエンザ対策の一環として、マスクの着用も増えるでしょう。

マスクは、ほとんどの人が使い捨てのものを使用していると思います。

ですが、使い捨てのマスクだとしても、一日中着用しているなら、注意してください。

事実、使い捨てマスクでも、朝から晩まで着用していると、息や汗でムレムレの嫌な感じになりますよね。

これは、気のせいではないんですよ!

 

マスクを一日中着用していると、口まわりの肌に擦れてしまい、刺激になってしまうんです。

また、マスク内では湿気がこもり、雑菌が大増殖してしまうんです。

そのため、マスクを着用するときは、顔のサイズよりも、少し大きめのマスクを選んでください。

これで肌への摩擦を減らすことができます。

また、マスクを一日着用し続けるのではなく、必要な時だけ着用するようにしたほうがいいですよ!

 

ストールやマフラー。

何気なく着用している人がいるのですが、これもニキビの原因になるんですよ。

ストールやマフラー、洗ってます?

めったに洗わないですよね。

でもでも、口元やあごに触れているんですよ。

それが刺激になって、ニキビができ、そこへストールやマフラーからばい菌が入り、悪化してしまうんです。怖いですね。

枕のカバーと布団のカバーは清潔にしましょう

自分自身が身に着けるものを清潔にするのはとても重要ですが、それだけではダメなんです。

寝ている間も、清潔な状態を維持したいんです。

布団は一日の三分の一を過ごす場所と言われています。

その布団が清潔でなかったら、ニキビを抑えることなんて不可能です。

なので、布団カバーや枕カバーを清潔にするんですね~。

特に重要なのが枕カバーです。

枕カバーには、頭皮から分泌された皮脂がたくさん付着しています。

皮脂は菌が繁殖しやすいので、とても危険です。清潔にしましょう。

布団カバーは顔の汚れが付着する程度です。でも、油断はしないでね。

枕カバー、布団カバーには当然ですが、ニキビの原因菌のアクネ菌も付着している可能性が十分にあります。

なので極論を言ってしまうと、毎日洗濯しろ!!ということになります。

顔だって毎日洗いますよね。

せっかく洗顔して、清潔にしても、汚れた布団や枕を使っては意味がありません。

 

毎日洗濯するのが面倒なら、タオルやコットンなどを敷いて、毎日交換しましょう。このほうが楽ですよね。

食事を変えてニキビを治そう

治ってもすぐにニキビが再発してしまう。

お金をかけてケアして、治療しても、すぐにできてしまう。

こんな悩みを持っている人は結構多いですよね。

「私はニキビのできやすい肌質だから」なんて、あきらめてませんか?

それは、あなたのライフスタイルに原因があるのかも。

その原因を排除できれば、ニキビのできる回数は激減するはずなんですよ。

なので、ニキビのできにくいライフスタイルを身につけましょう。

 

ニキビのできにくいライフスタイルを実践したい場合、食事は超重要です。

日々の食生活に、ニキビを作りやすくする原因があるんです。

炭水化物と糖分を控えめに

現代人の食生活は炭水化物を多く摂取してしまう傾向にあります。

また、炭水化物は体の中で分解され、糖に変わります。

炭水化物と糖、双方の取りすぎには気をつけてくださいね。

なぜかというと、炭水化物と糖は体の中で消化されるときに、ビタミン類を消費せてしまうんです。

ニキビを改善するには、ビタミン類は必須です。

なのに、炭水化物や糖を多量に摂取すると、その消化にビタミンを使ってしまいビタミン不足になってしまいます。

当然、こんなことでは、ニキビは治りませんよね。

ニキビの治療に、サプリメントを服用している方も多いと思います。ですが、しっかり服用しているのに、ニキビが治らないのは、炭水化物と糖の摂取量が多いからかもしれません。

その量を、可能な限り減らしてみましょう。本来の効果がでるはずです。

まずは、間食、特にお菓子などは極力控えましょう。

刺激の強いものを避ける

辛い物って、私好きなんです。

エスニックや韓国料理は結構流行したりしますよね。

でも、唐辛子の入っている料理は胃に負担をかけてしまいます。

それが原因で肌荒れになったりするんです。

辛い食べ物だけでなく、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインも胃に負担をかけます。

ニキビを治す作用を体から奪ってしまう刺激物は控えてください。

でも、完全にカットすることは、とても難しいですよね。なので食べる量を調整してください。

あと、空腹時に刺激物を食べるのはご法度です。胃への負担が多きから絶対にやめてください。

ストレスは発散させよう

ストレスを溜めこんでしまうと、大食いの原因になってしまうことがあります。

イライラするときって、結構食べちゃいますよね。甘いもの、脂っこいもの、味の濃いもの、そしてアルコール・・・。

ですが、このようなストレス発散法では、体に負担をかけてしまいます。特に胃や肝臓にはダメージが大きいのです。

これが、新しいニキビの原因になっているのです。

ストレスは溜めこまないでください。

暴飲暴食以外の発散法を探してください。

きっとあなたにピッタリの発散法があります。