ツボを押すだけでほうれい線は防げる

ほうれい線に効果的なツボを、マッサージしましょう。

ほうれい線は、30代前半から目立ち始めます。

それを放置しておくと、徐々に溝が深く、はっきりとしたほうれい線になってしまいます。

ほうれい線の原因は、表情筋の衰えであることが、広く知られています。

歳をとるにつれ、体の筋力は低下していきますが、表情筋も同じで、加齢により衰えてしまいます。

表情筋が、その上の皮膚と一緒に落ちてきて、ほうれい線となるのです。

そこで、あまり知られていない、ほうれい線予防に効果的なツボを押してみましょう。

巨りょう(こりょう)

まず初めに、頬骨の下に位置するツボを刺激しましょう。

このツボは、笑顔のツボと呼ばれています。

上唇を動かすのに必要な筋肉と、肌のハリを高めます。

当然、垂れてしまったほうれい線にも、効果があります

このツボの名称は巨りょう(きょりょう)と呼ばれています。

巨りょうは、鼻の両サイドの外側にある線と、目の下から垂直におろした線が、交差する場所にあります。

巨りょうは、人差し指を使って、垂直に優しく指圧します。指圧する際は、指の腹を使ってください。
  1. 左右一緒に約5秒指圧する。
  2. 指圧が終わったら、そっと指を離す。
上記の動作を5セット行います。

このツボの指圧は、ほうれい線予防以外にも、頬のたるみとむくみ、、目元と口元のたるみにも効果を発揮します。

肌の皮脂分泌を整え、乾燥しがちな肌にも効果のあるツボです。

地倉(ちそう)

地倉は、口角の少し横にあるツボです。

このツボは、直接ほうれい線に効果を発揮します。

口のする横にあり、このツボを押すことで、滞った気を正常に戻すことができます。

口角を引き上げる効果もあります。

顔のむくみの解消、ハリやツヤを作る効果も期待されます。

ツボは決して強く押してはいけません。やさしく、気持ちいいくらいの力加減で押してください。
  1. 左右一緒に約5秒指圧する。
  2. 指圧が終わったら、そっと指を離す。
こちらも5セット行います。

地倉を刺激することで、口角が徐々に引き上げられていきます。

口角が上がると、明るい表情になります。

そして、このツボの最大のポイント。それはダイエットにも効果があるんです。

なんと、食欲を抑える効果があるんですよ。

下関(げかん)

耳の付け根付近から、鎖骨に沿って、へこんだ場所が下関です。

口を開くと、骨が上がる箇所があります。

これが下関になります。

下関を指圧するときは、人差し指を使うのがおすすめです。

人差し指の腹を使って、皮膚を上に向かって押し上げてください。

力を入れてはいけません。優しく行ってください。

このツボを刺激することで、血行が良くなります。

新陳代謝が向上するので、垂れた筋肉のリフトアップにも効果的です。

リフトアップ以外にも、関節症、歯痛にも効果があります。

息を吐きつつ、5秒間やさしく押します。

これを5回繰り返してください。

少しの時間でも、ツボは押せるので、忙しい人にはおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です