冷え性って何?

寒い季節になると、冷え性に悩まされる方が増えてきます。

スカートスーツで仕事をしていると、寒さを強く感じます。

だからといって、パンツスーツに着替えたとしても、寒さからは逃れることはできません。

これは、みなさんが抱えている、悩みですよね。

冷え性を何とかしたいと考えているあなたのために、冷え性について、徹底解説していきます。

ちなみに、冷え性って「冷え症」とは書かないんですよ。知ってました?

冷えはとてもつらいですが、これは病気ではないんです。

なので冷え性と書くのが正しいのです。

「あなたは冷え性です」と診断する方法は、いまのところありません。

西洋医学の世界では、冷え性に改善はありません。

 

なら、冷え性はそのままにしておいても平気なの?という疑問が聞こえてきそうですが、冷えを放置してはダメです。

冷え性のあなたは、体温がとても低くなっている状態なのです。

体温が低い人は、免疫力が低下する傾向にあります。新陳代謝も悪くなってしまいます。

すると、血行が悪くなってしまい、いろいろな病気を誘発することになってしまいます。

では、冷え性の定義とは何でしょうか?

残念ながら、「これが冷え性だ!」という定義はないんです。

一般的に冷え性は、次のような症状のことを言います。

  1. 真夏でも寒さを感じる
  2. 手足が常に冷えている
  3. 寒がりだと自覚している
とても、あいまいな定義ですが、これらの症状が、一般的に冷え性と言われています。

上記の三つは、すべて自覚症状ですので、「私は冷え性だ」と理解している方が分かることです。

冷え性は、このような自覚症状が出た時だけではありません。

自覚症状がない人でも、基礎体温が36度以下の人は、冷え性といっていいでしょう。

また、基礎体温は高くても、体の中、内蔵が冷えている場合もあります。

 

全ての冷え性の人に共通することは、血行が悪いということです。

何かしらの原因で、血行が妨げられているのです。

ですので、冷え性の方には、血色が悪い方がとても多くいます。

冷え性になると、生理不順、むくみ、月経痛、不妊など、さまざまな症状が出てきます。

血行を良くすることこそ、健康への第一歩なのです。

血液は、体温を維持する以外にも、たくさんの働きがあるんですよ。

あなたも知っていると思いますが、血液は、酸素や栄養分を体全体に送っているんです。

体の隅から隅まで、張り巡らされた血管を血液が流れ、栄養分や酸素をおくっているんです。

冷え性になると、この血液の流れが止まってしまいます。

そのため、大量不良を起こしやすくなるのです。

冷え性は、体質が原因の一つですが、ライフスタイルに問題があることが多くあります。

まずは、あなたのライフスタイルを改善することで、冷え性にも効果があるかもしれません。

手足の冷えやむくみを嫌なものです。

冷え性が原因でおこる、体の異常はもっと嫌ですね。

冷え性を改善するためにも、今のライフスタイルを見直してください。

 

自転車ダイエットを効率的に行うには

自転車ダイエットは、姿勢がとても重要です。痩せる姿勢を維持することで、全身の余分な体脂肪が減らせるダイエットです。

あえて疲れない姿勢で行うことにより、疲労感なく、長く運動をすることができます。

激しい運動を行うと、満足感はありますが、そのあとの疲労感のほうが強く感じてしまいがちです。

やっと始めたダイエットの挫折につながってしまいます。

挫折してしまっては意味がないので、負荷の少ない自転車ダイエットを、長期間続けるほうが、効果的なのです。

一日三回行う自転車ダイエットは、行う時間を分割することにより、時間の心配はありません。

気づけば、スリムボディを手に入れている。とても簡単なダイエットなのです。

コツをつかめば、痩せるスピードは加速していきます。レッツトライです!

空腹時に乗ろう

空腹時に運動すると、脂肪が燃焼しやすいことが知られています。

エネルギーが減っている状態なので、長年蓄えられた脂肪を消費しやすくなるのです。

ですが、無理して乗る必要はありませんよ。

空腹感を少し感じるときに行うことが、コツの一つです。

水分補給はこまめに

水分補給をすることで、新陳代謝を高めることができます。

そのため、水分補給はとても重要なのです。逆に水分を摂取しないと、ダイエット効果は半減してしまいます。

水分は、少しずつ飲むようにしましょう。こまめに摂取したほうが、体に吸収されやすいのです。

休みの日こそ長めのサイクリングを

毎日、ダイエットのために、時間を割くのはとてもつらいです。

そこで、自転車ダイエットは、一日三回に分けて行うように、工夫されているのです。

ですが、現代人はとても忙しいです。ダイエットする時間を作るのも難し方が結構います。

そんな時は、休みの日に時間をとり、長めのサイクリングをしましょう。

一時間以上、できれば二時間は走りたいですね。

平日にダイエットを行うことが難しい方は、休みの日を利用して、ダイエットの合計時間の貯金をしておきましょう。

サイクリングロードなどを使うと効率的です。疲れにくいので、長く自転車ダイエットを行えます。

車輪は大きめを

自転車は見た目ではなく、ダイエットに向いたものを選ぶようにしましょう。

特に、車輪が小さいものは、おしゃれですが、ダイエットには向きません。

なぜかというと、車輪の小さい自転車は、疲れ方が通常の倍になってしまうのです。

自転車ダイエットは、少ない負荷を、長く与え続けることを、目的としています。

なので、小さい車輪の自転車は、自転車ダイエットの目的に反する自転車だといえるのです。

ダイエット日記をつけよう

一日に走った距離や場所を書いたり、食事や体重などを記録する、日記を作ってください。

日記をつけることで、あなたのライフスタイルを、しっかりと知ることができます。

たとえば、体重は増えてしまった日は、何を食べたのかが分かれば、それ以降は、その食事を避けることができます。

自分のペースを知ろう

自転車ダイエットでこれが、一番重要なんです。

ペダルのこぐスピードを速くすれば、当然消費するカロリーも増えますが、息を切らしてしまっては、元も子もありません。

激しい運動では、脂肪が減らずに、糖分だけが減ってしまうからです。

自分のペースで走ることで、脂肪はどんどん燃焼します!!

自転車ダイエットってどのくらいやればいいの?

自転車ダイエットは、誰にでもできる、簡単ダイエットです。

疲れを気にしなくていいので、長い時間、そして長い期間続けられるのがいいですね。

自転車ダイエットの期間は、長ければ長いほど効果は大きくなります。

下半身では、太もも、ふくらはぎ、お尻に効果があり、上半身では、お腹まわり、二の腕などの、脂肪の落としにくい部分に効果を発揮します。

自転車ダイエットは、全身に効果があるので、ぜひ行いましょう。

ですが、いきなり長い時間行ってはいけません。長期間続かない原因にもなります。

初心者はプラス20分

まずは、毎日何分くらい自転車に乗っているか、計ってみましょう。

その時間プラス20分くらいで効果はでます。

初めから長時間、自転車をこいでしまうと、お尻に痛みが出てしまいます。これは誰でも経験ありますよね。

そうならないように、徐々に時間を増やすのが良いんです。

走る道のコンディションも重要です。

でこぼこ道やぬかるみ、舗装されていない道などを走ると、とてもハードですよね。

ですので、「今日は運動やったな」という達成感があります。

ですが、激しい運動は、糖分の燃焼には効果がありますが、脂肪の燃焼には効果を発揮しません。

走っていて、心地いいくらいのほうが、脂肪は燃焼するのです。

慣れてきたら、回転数アップ

毎日こいでいると、慣れてくると思います。

そしたら、ギアを軽くして、こぐ回数を増やしましょう。

回転数が増え、少しの負荷で、たくさんこげるようになります。これで、自転車ダイエットの効果を高めることができます。

目安として、一分間に60回から70回はこぐようにしてください。

徐々に回転数を上げると、ダイエット効果が高まります。

ですが、呼吸が苦しくなってしまっては、ダメです。

友人と話しながら走ることができるペースが、最も効果的です。

「ハァーハァー」息をしていては、話はできませんよね。

疲れを感じない程度に、走るのが良いんです。

自転車ダイエットは一日三回

自転車ダイエットは、朝昼晩の三回行うのが効果的です。

では、朝7時に起きる人を想定してご説明しますね。

起床後、まずは水を飲んでください。これで、ダイエット効果が高まります。

7時30分ごろに、朝食を食べます。量は少なめにしてください。カロリーを抑えることができます。

食後、一回目の自転車ダイエットに出発します。

15分ほどで大丈夫です。できるだけ疲れないコースを選んでください。舗装された平坦な道がベストです。

8時に帰宅したら、通勤もしくは通学です。

お昼は12時に昼食を食べます。

昼食も、カロリーを気にしつつ、バランスのとれた食事をしてください。

そして、二回目の自転車ダイエットです。

二回目は20分を目安にしてください。

5時に会社や学校から帰宅したら三回目の自転車ダイエットです。

買い物などの用事がある方は、ここで一緒にすませましょう。

ただし、普段より遠くの場所を選んでください。少なくとも15分はこぐようにしましょう。

帰宅後、夕食を食べます。野菜を中心とした料理にすれば、カロリーを減らすことができます。

自転車をこいで、脂肪を燃やしつつ、食事制限をすれば、ダイエット効果は倍増します。