ニキビ用ポイントメイク



ニキビって、できると気になるんですよね。

治ってもすぐにできてしまうんですよね。

普通の人なら、ニキビができた肌は、少しでもいいから隠したいと思いますよね。

でも、隠すなら、あとのことも考えて行わないといけません。

これから、ニキビ用のポイントメイクの選び方を、説明していきます。

ポイントメイク

頬の肌色を明るくする「チーク」、立体感を出す「ハイライト」は、ニキビには大敵です。

この2種類は、パウダータイプの商品が多数あります。

ニキビができやすい肌は、油分を極力抑えることが重要です。

乳液やクリームより、パウダーがお勧めなのですが、チークやハイライトの使用は控えるべきです。

なぜなら、ニキビの治りを妨げるからです。その原因はブラシにあります。

ブラシを使って肌を擦ると、擦った刺激により、ニキビが治りにくくなり、悪化する恐れがあるのです。

チークやハイライトを使用している方で、ニキビが治らないという方は、ブラシの硬さや汚れ、肌にあてる際の力の入れ具合を、見直してみましょう。

それらが、原因になっている可能性があります。

たとえば、頬骨あたりのニキビが治らない場合、その部分にチークを使っていることが原因かもしれません。

ブラシを使う際に、力を入れすぎると、ニキビが悪化してしまいます。

さらに、ブラシが汚れていると、ばい菌が繁殖してしまいます。

どうしてもブラシを使いたいなら、力を入れずに、優しく使うこと。使用後は、しっかり洗浄し、汚れを残さないようにしてください。




肌の気になる部分を隠すコンシーラーって、すごく便利ですよね。

私の周りにも、毎日使っている方が多数います。

ニキビができている方は、必ずと言っていいほど、コンシーラーを使っています。

ですが、ニキビにコンシーラーを塗ることは、やめてください。

確実に、ニキビが悪化します。

コンシーラーは、クリームタイプか固形タイプなので、ニキビの上に塗ると、毛穴を詰まらせる要因になります。

ニキビを完治させたいなら、コンシーラーを使ってはいけません。

 

コンシーラーを使わずに、ニキビを隠すには、ファンデーションで隠しましょう。

まず、ファンデーションを顔全体に、まんべんなく塗り、そのあとに、ファンデーションを少しだけ、ニキビの上にのせます。

これだけで、ニキビは目立たなくなります。

 

ニキビができたときは、すっぴんが一番ですが、そうわ言ってられないですよね。

なので、肌をいたわりながら、ニキビを隠すメイクをしましょう。

ニキビ用ベースメイク




ニキビができている肌は、普通よりデリケートになっています。

また、メイクが刺激になることがあり、ニキビが悪化する恐れがあります。

化粧品を選ぶ際は、ニキビのことを考慮して選んでください。

メイクアップ化粧品は、肌のことを第一に考えましょう。見た目などは、その次です。

 

メイクを始めるときは、ベースメイクから行いますよね。

まずは、日焼け止め、次に化粧下地、そして、コンシーラーにファンデーション。最後に、リップやアイラインなど、細かいメイクをします。

ニキビのことを考えて化粧品選ぶ場合、化粧品によって、選び方が変わります。

ベースメイク

ファンデーションを使う前に、ベースメイクをします。

ベースメイクとは、ファンデーション前の、日焼け止めと化粧下地を指します。

この二つは、クリームか乳液タイプになります。

ニキビができた肌は、肌表面に過剰に分泌された皮脂が付着しています。

なので、できれば、乳液やクリームなどの、油分が多いものは避けるべきです。

そこで、ベースメイクは、日焼け止めと化粧下地が一緒になったものを選んでください。

日焼け止めと化粧下地を別々に使うより、一緒になったものを使うと、一回で済むので、余分な油分を少なくできます。

最近の化粧下地は、日焼け止め成分が含まれるものがあるので、お勧めです。

選ぶときは、両方の機能が入っていることを確認してください。

 




ベースメイクの次は、ファンデーションで肌につやを出します。

ファンデーションの選び方にも、ポイントがあります。

ファンデーションには、リキッドとパウダーの二種類があります。

ニキビができている方は、パウダータイプを選んでください。

リキッドタイプは、隠したい部分をしっかり隠してくれるので、良く選ばれます。

ですが、ニキビに合うものは、パウダータイプなのです。

パウダータイプは、粉のため、使用すると粉っぽくなり、浮いちゃうのではないかと、心配する方もいます。

しかし、パウダータイプを使用して、浮いてしまう危険性は、ファンデーションの品質や、化粧下地との相性で解決できます。

パウダータイプで浮いてしまうと感じたら、化粧下地を変えてみて。

 

ベースメイクは顔の印象を決めるのに、とても重要です。

メイク選びは、ニキビのことを第一に考え、そのなかで、一番きれいになる方法を考えましょう。

同じメーカーの、同じラインの化粧下地とファンデーションは、相性が良いといわれています。

あなたも、お試しあれ!

ニキビ用基礎化粧品



気になるニキビを治したいなら、自宅できちんとケアを行いましょう。

今まで、ニキビを治すために、いろいろなスキンケアをしたけど、効果が出ない。という方は、その方法が自分に適した方法なのか、是非見直してください。

別の方法を試したら、今までが嘘のように、すごく効果がでた。という話はたくさんあります。

肌は年齢を重ねるごとに、性質を変化させます。またライフスタイルによって変わることもあります。

スキンケアは定期的に見直し、そのときの自分に合った方法を、探すことが重要なのです。

スキンケア化粧品を選ぶ際、必ずニキビケアができるものを選択してください。

洗顔

洗顔には、クレンジングで行う場合と、石鹸を使う場合があります。

石鹸を使う場合は、基本的なことを知っていれば問題ありませんが、クレンジングを使う場合は、少し注意が必要になります。

まず、クレンジング剤を選ぶときは、自分の肌に合ったものを選ぶ。これが一番重要になります。

クレンジング剤のタイプはさまざまで、ミルク、オイル、クリーム、ジェルなどがあります。

顔を濡らさずに使うタイプもありますね。一般的にふき取りタイプといわれるものです。

ですが、ニキビを治したいなら、洗い流すタイプを選んでください。特にジェルタイプがお勧めです。




最近では、油分の残らないオイルタイプのクレンジング剤も、発売されています。

しかし、ニキビは肌についた汚れやメイクを、刺激を与えないようにしながら、しっかり落とさなければいけません。

このことを考えに入れると、油分が肌に残ってしまうタイプのクレンジング剤は避けるべきです。

保湿剤

保湿剤を選ぶことにも、手は抜かないでください。

保湿は、肌に水分を閉じ込め、肌に潤いを与えることをいいます。

簡単に説明すると、水分で角質に潤いを与えます。

潤いを与えたら、水分が逃げないように、蓋をしなければいけません。

保水と蓋、化粧品でいうと、化粧水と乳液、化粧水とクリームなどの組み合わせになります。

化粧水は、肌にかぶれ、かゆみ、湿疹などを引き起こすものがあります。これらの症状が出ない、化粧水を選びましょう。

蓋をする役目がある、クリームと乳液を選ぶときは、次のことに気をつけてください。

ニキビを治すなら、なるべく油分を含まにもの。

最近は、オイルの入っていない乳液も発売されています。

ジェルタイプは、油分が含まれないので、好きなものが使えます。

「ノンコメドジェニック」と書かれた製品は、油の多い方向けの商品になります。油が気になる方には、お勧めです。

 

洗顔と保湿、この二点に気を配れば、肌の調子は改善されるはずです。